札幌市内、琴似、山の手、発寒、24軒、西野、西町、宮の沢で鍼灸、整体、整骨、美容鍼、体幹トレーニングが得意な治療院をお探しなら当院にお任せください!国家資格者(トリプルライセンス)在籍。湿布で様子をみましょう、これは加齢が原因ですと言われた方はこちらで改善できます。他院で諦められた症状も相談に乗ります。

琴似中央接骨院 整体院・美容鍼灸院

靴の選び方と爪の切り方で巻き爪は防げる!

当院には足のトラブル(膝痛・外反母趾・足首捻挫)の患者さんが多く来ますが、それらの症状を抱える患者さんから「私昔から巻き爪で…」と相談されることが多々あります。

うちは皮膚科や整形外科ではないので、外科的処置はもちろんできませんし、ワイヤーやプレートによる矯正も行っておりません。

ですが、何人もの患者さんの巻き爪を改善させています。

それは何故か?

靴の選び方と、爪の切り方で巻き爪は防げるからです。

これに加えて「足底アーチ」と「正しい歩行」がとても大切なのですが、長くなるのでそれは後日にして、今日は靴の選び方と爪の切り方に焦点を当ててお話します。

まず、靴はサイズと足の形に合ったものを選んで下さい。

巻き爪と靴の関係【金沢市のアルコット接骨院の巻き爪補正】
巻き爪の原因【金沢市のアルコット接骨院の巻き爪補正】

大きな靴は中で滑って動いてしまうため、無意識に指先を反らせてしまいます。

小さい靴や先の細い靴は指に体重が乗らず足指をしっかり使った歩行ができません。

どちらも浮き指といって、指が浮いてしまうので、足の指に適切な圧力がかからず、巻き爪になりやすいのです。

次に爪の切り方について説明します。

巻き爪正しい爪の切り方【金沢市のアルコット接骨院の巻き爪補正】

「爪は短く切りそろえる」「爪は爪の形に沿って丸く切る」と学校で指導されることも多いのですが、これは間違いです。

爪は「丸く」ではなく、「四角く」切るのが正解です。これを「スクエアカット」といいます。

爪を指の先端か、それより少し長めの位置でまっすぐ横に切ります。両端の角をヤスリでやや丸く整えます。(スクエアオフ)

爪を深く切る「深爪」と、爪の角を斜めに切る「バイアスカット」は、絶対にしてはいけません。

深爪すると、指の先の肉が盛り上がって爪が埋もれてしまい、爪がまっすぐに伸びなくなるからです。

知らなかった人は、是非今日からやってみて下さいね。

巻き爪に限った話ではありませんが、心身のトラブルに対処するには、正しい知識を持っていることがとても大切です。

やみくもにあれこれ試して悪化させては時間とお金がもったいない!!困った時はすぐに専門家を頼ってください。

次回は「歩き方」や「足底アーチ」と巻き爪の関連性についてお話しますね。