札幌で腰痛・しびれ・痛み・ケガでお悩みなら、骨盤矯正・カイロプラクティック・ほぐし治療・整骨院・指圧の琴似中央接骨院にご相談ください。

筋緊張性頭痛とは、頭部の周囲を取り巻く、筋群の持続的な緊張によって引き起こされる頭痛です。
頭痛にも種類がありますが、慢性の頭痛の70%が筋緊張性頭痛と言われ、もっとも多いタイプの頭痛になります。

頭痛の診断

筋緊張性頭痛の症状

筋緊張性頭痛は、鈍い痛みが特徴ですが、我慢できないほどの症状でないのが普通です。
症状が反復性に起こる場合と、持続的に続く場合があります。
嘔吐の症状を伴うことはありませんが、筋緊張性は、片頭痛ほどの痛みはないものの、頭が締め付けられているような頭の重い症状が起こります。

筋緊張性頭痛の原因

筋緊張性頭痛の原因は、身体的・精神的なストレスが関与していると考えられています。

首筋の筋肉が弱い人ほど、頭部をしっかりと支えることができず、症状が引き起こしやすい傾向にあります。
身体的なストレスが無くとも、精神的なストレスによる原因で頭痛症状が出現するケースもあります。

このような精神的ストレスを原因とする筋緊張性頭痛は、真面目な性格や几帳面さを持った人がかかりやすいと言われてます。

混合性頭痛とは

筋緊張性頭痛と片頭痛が混じった慢性頭痛のことです。
片頭痛がストレスから解放された際に、頭痛症状が起こりやすいのに対し、筋緊張性頭痛は、ストレスにより首を囲む筋肉が過剰に緊張して症状が起こる傾向が多いようです。
多くは首筋のコリ、肩こりや眼精疲労といった症状を伴います。
片頭痛だけの患者さんは頭痛が無いときには頭がすっきりしていますが、筋緊張性頭痛を併発すると、いつも頭が重い症状が続く場合があります。
軽度の筋緊張性頭痛であれば、原因となっていた生活習慣を改善するだけでよくなることも珍しくはありません。
片頭痛については生活習慣改善も大切ですが、それだけで改善が難しい場合は、発作の予防や薬物療法を行うことも重要です。
当院では、鍼治療お灸ストレッチなどで筋肉の緊張をほぐし血行を良くします。